Loading

Story

Story

 

教師は昔話を始めるー

「幽 霊」と呼ばれる少年は、教室でも家庭でも孤独で、自分は不幸だと感じていた。

幽霊にとって一番幸せなのは、天気輪の丘で「キャスケット帽」の少年がピアノ を弾くのを、眺めている時間だった。

そして、銀河のお祭りの夜、ふたりは星々の間を旅するー。

「本当の幸せとは、いったい何なのだろうか?」